欧米では普及しているモーニングアフターピル

女性にできる避妊方法として、トリキュラーなどの経口避妊薬があげられますが、モーニングアフターピルというものについて聞いたことはないでしょうか。

モーニングアフターピルは欧米では浸透しており、Plan B 、Emergency contraception、緊急避妊薬、事後避妊薬などともいわれています。

モーニングアフターピルによるかもしれませんが、99%を上回る避妊効果があるということです。

摂取は、2回必要です。

最初は72時間以内とされており、対処が遅くなるにつれて、避妊できる可能性が低下しますから、あらかじめ準備しておくと安心です。

■トリキュラーの感想を確認する>>

2度目の摂取は、最初に服用してから12時間後です。

1回目は3日以内ということになりますから、これで99%以上の高確率というのは、優れた避妊薬といえるのではないでしょうか。

女性の体に負担がかかることを考えると、モーニングアフターピルよりトリキュラーなどの低用量ピルの方が体にやさしいといえるでしょう。

利用した後、最初に月経がくるタイミングは、通常の周期より前倒しになる方が多いようです。

1割程度の方は、むしろ時期が遅くなっていますので、いつもどおりこなくても、完全にあきらめるのは早いかもしれません。

必要になったとき、もし保険証を持参していない場合でも、病院で処方してもらうことはできます。

逆に、モーニングアフターピルの購入は保険がききません。

クリニックでかかる費用は、だいたい1回につき10,500円くらいでしょう。

トリキュラーなどの低用量ピルは、28日間の分量で3,150円程度、病院でなく通販サイトなどを利用すれば、もっとお手頃に入手可能です。

トリキュラーもモーニングアフターピルも共通して、性病を防ぐ役割はありません。

低用量ピルは排卵しないように抑制するなどの効果があり、モーニングアフターピルは着床しないように予防するものです。

避妊具を使用していて、もし破れてしまったというときには、どちらも心強い味方となってくれるのではないでしょうか。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ