トリキュラのアメリカでの扱い

国内で経口避妊薬のトリキュラーを利用していた方が、アメリカに移住する場合など、どのように入手したらいいのでしょう。

アメリカでは日本で加入できる健康保険とはいろいろ違う部分がありますので、そういったことも踏まえて準備した方がよさそうです。

日本の産婦人科などでトリキュラーを処方してもらう場合、半年分まとめて入手することができますから、医師に相談してみてはいかがでしょう。

病院によっては、1年先までの処方箋を受けられるところもあるという話も聞きますが、一般的には6ヶ月分までが多いみたいですね。

■トリキュラーの感想を確認する>>

さまざまな実体験を聞いてみると、アメリカの州によっても状況が違うようなので、日本で自分の体質にあったトリキュラーなどの経口避妊薬を、現地でも探すようにしてみるのも1つの方法です。

アメリカで加入できる保険は、全てを対象としているとは限りません。

事故や病気、ケガなどは対象となっても、健診代は保険でカバーできないものなどがあります。

医療品を対象とした保険に、別に加入した方がいいという意見もありました。

医療費はばかりなりませんので、全額自腹になったとき、かなりの高額になることは日本でもあることです。

アメリカでなんでも相談できる友人ができれば、避妊薬についても教えてもらえそうですが、他の医薬品とは異なり誰にでも話せるものではありません。

日本にいるうちから、自分でいろいろ調べておいた方が、安心して現地での生活が送れそうです。

移住してから最初の数カ月は、健康保険に加入できないケースというのもあるようです。

数カ月といったら長い期間ですし、慣れない現地での生活で、体調を崩して病院のお世話になる可能性も考えられます。

現地のドラッグストアで購入する薬は、アメリカの方の体型にあった分量になっていますから、日本人には多過ぎることもあるようです。

出発前に日本で健康診断受けて、治せる不調や処方してもらえる薬があれば手を打っておくと心強いでしょう。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ