トリキュラーとフロモックスの併用について

トリキュラー服用中におけるフロモックスとの相互干渉についてです。

トリキュラーを服用している方は多いかと思われますが、トリキュラーは長期服用を前提としたお薬で、その間に風邪なをこじらせてしまうケースもあります。

この際、医師からフロモックスを処方される事があり、飲み合わせに関して疑問を持っているという方も少なくはないかも知れません。

ですが、ご安心下さい。

■トリキュラーの感想を確認する>>

トリキュラーとフロモックスには相互作用がありません。

つまり、トリキュラーを服用中にフロモックスを服用しても何ら効果に変化は現れないという事です。

トリキュラーはご存知の通り経口避妊薬で、少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンを調合したお薬です。

対して、フロモックスは病原微生物の一種である細菌に対して強い効果を発揮する抗生物質です。

フロモックスは、ウィルス性の風邪などには効果が無いのですが、風邪によって体力が落ちてしまった体が細菌による二次感染を起してしまわないよう予防したり、既に感染してしまっている場合には治療したりする際に処方される場合があるのです。

薬同士の相互干渉は行なわれない事が確認されており、薬効が増幅・減衰されるといった事はありません。

ただし、フロモックスを服用中に強い腹痛や下痢などが起こった場合には注意が必要で、これが原因でトリキュラーの効果が弱まってしまう可能性は否定出来ません。

よって、フロモックスの服用時に強い副作用を感じた場合にはフロモックスの服用を止め、早い段階で医師の診察を仰ぎ、同時に性行為時は別の避妊法を併用するなどして適切な対処を行いましょう。

加えて、トリキュラーに関する注意点です。

トリキュラーは排卵の阻止、子宮内膜増殖防止、子宮口粘膜の増強による精子の進行妨害を行なう避妊薬であり、HIV感染や梅毒などの性感染症を防止するお薬ではありません。

お薬自体の効果を間違える事の無い様にしっかりとした知識を身に付けて服用し、生活する事が重要です。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ