トリキュラーはジェネリック医薬品

2002×2002

ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

商品について

トリキュラーはジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品とは、純正薬の特許が切れた後に販売される興発医薬品のことを言います。

ジェネリック医薬品は、純正薬と同じ成分で製造され同効果となるのですが、開発や臨床への投資がありませんから低価格を実現できている医薬品です。

つまり、開発されてから長い期間が経っていて、量産体制が整ったということです。

その頃には実際に利用された方もたくさんいらっしゃいますから、実際使用した効果や乾燥などもシェアされていて、安心して服用できるというわけです。

■トリキュラーの感想を確認する>>

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許満了後に、厚生労働省が厳しい基準をクリアし、 先発医薬品と同等と認めた医薬品のことです。

有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同じ医薬品として新たに申請されて製造されるので、効能、品質の違いはまったくありません。

ジェネリック医薬品のコストは先発医薬品の約半額に抑えられます。

世界的にも、ジェネリック医薬品は普及しいます。日本でも、CМでもお馴染みなようにジェネリック医薬品の普及がどんどん加速していく流れにあります。

トリキュラーは日本でも発売されている低用量避妊ピルです。

自然のホルモンサイクルに近いパターンで 、スムーズに体内のホルモン環境を変化させる三相性タイプとなっています。

海外ではすでにスタンダードなピルとして有名で、1000万人を超える人が服用を続けています。

もちろん日本の産婦人科でも処方してもらうことが可能となっていますが、ジェネリック医薬品として個人輸入ができるようになっています。

すでに一度処方されたことがあり、服用方法を熟知している方であれば、またわざわざ産婦人科で処方してもらうよりも、個人輸入した方がはるかに割安です。

トリキュラーは継続して服用することが前提の医薬品ですから、もちろん経済的にお得な方がいいに決まっています。

偽薬のあるタイプも、ないタイプもジェネリック医薬品として流通しています。

また、数か月分がパッケージングされているタイプもあります。賢く購入して、経済的に利用を続けたいものですよね。


このページの先頭へ