トリキュラーの偽薬に注意する

トリキュラーの偽薬は文字通り実薬ではなく偽(にせ)の薬ですから、飲まなくても大丈夫です。

28錠タイプは飲み忘れを防ぐために7錠の偽薬がセットになっていますが、トリキュラーには偽薬なしの21錠タイプもあります。

21錠タイプの場合は、何も飲まない休薬が7日間になります。

これは「飲み忘れ」を防ぐための仕組みとなっています。

毎日飲み続ける習慣がつけば、飲み忘れてしまい不慮の事態は起こらないからです。

■トリキュラーの感想を確認する>>

偽薬を飲まない場合は、7日間あけて、今までと同じ曜日から新しいシートを始めて下さい。

休薬が7日以内なら避妊効果は維持されています。実薬はくれぐれも紛失しないようにしましょう。

トリキュラーでは、20錠目と21錠目は同じ成分の錠剤です。

例えば20錠目を落としても21錠目の錠剤を服用し、そのまま7日間の偽薬に入ってしまえば問題はありません。

生理がくるのが1日早くなるだけですみます。

しかしなるべく、偽薬はきっちり飲んで28日周期を守る必要があります。

偽薬7日間までなら、排卵が始まることはありません。

もし、自分で偽薬なしに飲み忘れをしない自信があるのであれば、21錠上タイプの偽薬なしのシートを使用することも可能でしょう。

そのうえで偽薬なしで服用するほうが好ましいです。

偽薬が付いているパッケージで同様のことを行うと、本薬を飲まなければいけない日に偽薬を飲んでしまう、という事故も起こりかねません。

どちらにしても自己責任の上での服用となってしまいますので、飲み忘れや飲み間違い等が内容に気をつけたいものです。

偽薬の意味は、利用者が服用を忘れてしまわないようにするための配慮です。

成分的には意味の無いものかもしれませんが、トリキュラーの服用は習慣化する必要があります。

この偽薬があることによって、飲み忘れてしまう事態が防げることが多くなります。

ですから、偽薬だからといって軽んじないで、「処方の一環」と捉えるようにしたいものです。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ