トリキュラーと排卵の関係性について

所謂“ピル”を服用しているという方、ご自身がどういった薬を服用しているのか、その意味や効果について理解していますでしょうか?

薬という物はある程度その効果や用途を理解していなければ危険な物です。

服用する以上は最低限の知識を身に付けておく必要性があります。

ここで言うピルとは、所謂“低用量ピル”と呼ばれる物で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合剤です。

良く知られる物では、「トリキュラー」「アンジェ」「トライディオール」などが挙げられます。

■トリキュラーの感想を確認する>>

これらは、排卵抑制作用を主とする三相性低用量経口避妊薬の事をさし、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制します。

このような低用量ピルは、何も避妊の為だけに使用される物ではありません。

生理痛や生理不順の改善、卵巣癌の予防効果などにも効果があります。

医師の判断にもよりますが、月経困難症や子宮内膜症などに応用される場合もあるそうです。

診察の際、必ず医師に申し出て頂きたい事項が幾つかあり、血栓症などの持病があるという方や、アレルギーのある方は必ず医師に伝えておくよう心掛けて下さい。

また、現在服用中の薬や、今後頻繁に服用すると思われる薬などがある場合にも必ず医師に伝え、相談するようにして下さい。

副作用については十分に理解しておく必要があり、医師からの説明は必ず記憶に留めるよう注意しましょう。

加えて、手術などを控えている場合には、早急に医師へ伝えるように心掛けて下さい。

低用量ピルには血栓を生み出しやすくするという特徴があり、服用者はこの点に注意を払う必要があります。

更に、35歳以上の女性でタバコを頻繁に吸われるといった方は要注意で、1日に15本以上タバコを吸うという方は使用が出来ない事になっています。

また、このピルに含まれる卵胞ホルモンは、乳癌や子宮癌を悪化させてしまう可能性が極めて高いです。

よって、もし異常な性器出血がある場合には癌の可能性を確認した後、癌でなければ処方されます。

乳癌の疑いがある場合や、既往歴・家族歴がある場合にも使用に際して頻繁に癌の検査を行なっておく事が重要です。

低用量ピルは、飲み合わせや食べ合わせが良くない薬や食べ物が多くあり、場合によっては薬効を弱めたり、増強してしまったりする恐れがあります。

使用に際しては、この点を十分に理解し、添付文書の内容を熟読しておく事が重要です。 また、不安がある場合には意思に説明を仰ぐ事も大切です。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ