トリキュラーでの併用の注意点とは

避妊や生理痛、生理不順の解消などを目的とし、トリキュラーを処方されているという方は多いと思われます。

ですが、トリキュラーを服用している方は、その飲み合わせや食べ合わせについての知識をしっかりとお持ちでしょうか?

トリキュラーを含め、通称“ピル”とよばれる経口避妊薬は、その大半がギリギリの成分比率で調合されている為、食べ合わせや飲み合わせによる僅かな効果の変化で大きな影響を体に与えてしまいます。

よって、トリキュラーを服用中の方は、他の製薬の併用や健康補助食品などの食べ合わせに細心の注意を払う必要があるのです。

■トリキュラーの感想を確認する>>

下記に記述する成分が現在使用中の他の製薬・食品に含まれていないかをチェックしてみて下さい。

結核の薬であるリファンピシン/てんかんの薬であるフェノバルビタール/フェニトイン/カルバマゼピン/抗エイズウイルス薬/セイヨウオトギリソウ

この他、各種抗生物質を服用しているという方は十分に注意して下さい。

これらを併用していた場合、トリキュラーが持つ避妊効果の低下や不正出血の可能性が予測されます。

逆に、トリキュラーの効果を増強させてしまい、ホルモンバランスなどを崩してしまう恐れのある物もあります。

抗真菌薬のフルコナゾール/ボリコナゾール/解熱鎮痛薬のアセトアミノフェンなどがそうですね。

次に、併用薬の効果が弱化してしまう物です。

各種血糖降下薬/宮内膜症治療薬のブセレリン/抗てんかん薬ラモトリギン/解熱鎮痛薬のアセトアミノフェン/鎮痛薬のモルヒネ

これらを併用している場合には併用している製薬の効果が低下してしまい、効果が期待出来なくなる恐れがあります。

最後に、併用薬の効果が増強してしまう物です。

プレドニゾロンを含む各種副腎皮質ホルモン/三環系抗うつ薬/パーキンソン病治療薬のセレギリン/免疫抑制薬のシクロスポリン/喘息治療薬のテオフィリン/胃炎・胃潰瘍治療薬のオメプラゾール

効果が増強されてしまえば強い副作用などが現れる可能性もあるので絶対に注意して下さい。

また、ここに記されていない物の併用によっても何かしらの望ましくない効果が現れる飲み合わせ・食べ合わせが存在する可能性は十分に有り得ますのでトリキュラーと他の製薬・食品を摂取した際に異常を感じた場合は、早急に医師に相談する事をお薦めします。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ