トリキュラーのホルモン量に関して

トリキュラーの含有ホルモン量に関してですが、先ずトリキュラーは経口避妊薬の一種であるという点から始めます。

トリキュラーが処方されるのは、女性限定であり、男性の方が服用する事は先ずありえない筈です。

よって、ここから先の問題は女性限定であると仮定します。

トリキュラー服用時に強い副作用が出てしまうが、避妊目的ではなくその他副効果を期待しての服用である為に中止する事が出来ないといった悩みを抱えている方はいませんか?

例えば、生理痛の改善や生理不順の解消などを理由でトリキュラーを服用しているという方も居る筈です。

■トリキュラーの感想を確認する>>

そういった方は、強過ぎる副作用を我慢して耐えていたり、別の薬で誤魔化していたりはしませんか?

例を挙げるなら、トリキュラーの服用中に激しい吐き気に襲われる、といったような状況です。

実は、トリキュラーを含め経口避妊薬には非常に多くの種類があり、処方する医師によって薬が違って来ます。

そして、薬の種類によって含有するホルモン量が異なり、コレが原因で強い副作用が生じてしまう可能性があるのです。

例に挙げているトリキュラーの場合、一錠中り卵胞ホルモンが0.05mg 0.075mg 0.125mg含まれており、黄体ホルモンが0.03mg 0.04mg 0.03mg含まれています。

これに加え、偽薬が含まれています。

経口避妊薬の多くは、ホルモン量の違いによって効果の度合いが変わる為、それぞれの薬にそれぞれの特徴があります。

トリキュラーの場合、不正出血が少なく、サイクルコントロールに優れるピルであるとされ、プラセボ期間に確実な生理様の性器出血があり、生理が無かったというような小さなトラブルが少なく、避妊出来ているという安心感が強い種類になります。

しかし、先ほど例にした“吐き気”などが起こってしまうといった場合、卵胞ホルモン量に原因がある場合が多く、そういった副作用が余りに強く出てしまう方や不快に感じてストレスになってしまうという方については、医師に相談の上で別のピルに換えて貰うといった方法を取ると改善される可能性が高いです。

もしもトリキュラーによる副作用が強く出てしまうという方が居ましたら、上記した通り、医師に相談してみる事をお薦めします。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ