トリキュラーと抗生物質の服用について

トリキュラーは低用量ピルです。信頼できる医薬品なのですが、そのトリキュラーを服用する際に、注意したいのは抗生物質の服用です。

ペニシリン系抗生物質はピルの作用を減少させてしまうからです。

これは避妊効果のみならず、治療目的の生理痛軽減にも影響を及ぼします。場合によっては吸収不全で不正出血を引き起こすこともあります。

ほかにも、ピルについては抗痙攣薬・バルビツール酸誘導体、他のある種の抗生物質、免疫抑制薬などとの薬物相互作用が報告されています。

いずれも医師によって処方される特殊な薬剤ですから、トリキュラーを服用している際にはその旨をしっかり医師に伝えましょう。

■トリキュラーの感想を確認する>>

相互作用薬の中で、比較的処方される可能性の高いものは、テトラサイクリン系抗生物質とペニシリン系抗生物質です。

テトラサイクリン系抗生物質とペニシリン系抗生物質は絶対に処方してもらわないようにして下さい。

多くの場合、ピルと相互作用のない他の薬で代替できます。ですから、他の薬を処方してもらうようにしましょう。

トリキュラーと抗生剤の併用は避妊効果が落ちる可能性があるという認識を持ちましょう。

風邪などで抗生物質を処方された場合、一緒に服用することで体内におけるピルの吸収率が低くなるため、避妊効果が低くなってしまうのです。

このことは医師の診察時にも抜け落ちてしまうことも多く、これを伝えないお医者さんが多くいるようです。

ピルが普及しているアメリカでもこれにより予期せぬ妊娠が起こってしまっているのが現状です。

避妊効果が落ちるのは内服併用した日ではなく、併用した1日目から7日間以上後になります。

ピルは上手に使えば、私たちの人生の質を高めてくれます。ピルは単なる避妊薬ではありません。

ピルという友達を得て、この友達と仲良くつきあうことによって、女性の人生がそれぞれにより輝くものになるのです。

トリキュラーのようなピルが日本に定着していくには、ピルを取り巻く環境や条件の改善も不可欠です。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ