トリキュラーを休薬するとどうなる

国内で広く利用されている経口避妊薬のトリキュラーは、月経周期の28日間にあわせて構成されています。

トリキュラー1シートが28日間分なので、1周期を終えたら次のシートに入り、間違えにくい作りとなっています。

シートにはナンバーが振られていますので、1番から順番に1日1回服用し、最後の7錠分はホルモンが含有されていない偽薬で、休薬期間となります。

どうしてホルモンの成分が配合されてない、いいかえれば飲んでも意味がないものをあえて服用し続けるのかといえば、飲み忘れてしまう危険性を予防する目的で休薬というものがあります。

飲み忘れるということは、避妊に失敗する危険性が高くなることなので、休薬は無意味なものではないのですね。

■トリキュラーの感想を確認する>>

種類は2通りあり、トリキュラー21とトリキュラー28とがあります。

数字はそれぞれ錠剤の数を示しており、休薬がなくても7日間忘れないという方は、トリキュラー21でももちろん問題ありません。

休薬の期間に限らず、服用し忘れてしまったときは、どのようにすればいいのでしょうか。

1日のみ摂取し忘れたという場合で、次の日に気がついたというときは、その日に飲む分と忘れた前日分の2錠を服用します。

2日以上飲んでいなかったというときは、同じ方法ではありませんので注意してください。

2日間摂取していなかったら、他の避妊法に切り替えて、次の月経がきたら新しいシートの1番から再び飲み始めましょう。

飲んでいなかったとしても、それが休薬の場合は、1日お休みしてしまっても、次の日に2錠摂取する必要はありませんし、2日以上飲んでいなくても気にせず通常通りの摂取に戻ってください。

理由はもちろん、全くホルモンが配合されていない、飲み忘れを予防するための薬だからです。

休薬のトリキュラーの錠剤は、他とは異なる色をしています。

22~28番のナンバーが振られていますので、すぐに分かります。

不明点や心配なことがあれば、薬剤師や医師に相談して、安全に利用しましょう。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ