トリキュラーとロキソニンの併用について

トリキュラーを服用している方は、当然長期服用を前提として使用している物と思われます。

ですが、長期服用を行なっていると、体を他の病気や怪我で傷めてしまう可能性が出てきます。

日常生活の中で多い病気や怪我というと、「風邪」や「虫歯」などが挙げられます。

そして、この際に処方される薬の中に、抗生物質と鎮痛剤が含まれている可能性が大きいです。

抗生物質の中には低用量ピル(トリキュラー、アンジェなど)の効果に変化を与えてしまう物があるのですが、テトラサイクリン系とペニシリン系以外の抗生物質であれば併用しても何ら問題がありませんのでご安心下さい。

■トリキュラーの感想を確認する>>

ですが、テトラサイクリン系とペニシリン系の抗生物質が含まれていた場合には絶対に服用せず、医師にトリキュラーを服用している旨を伝えた上で相談して下さい。

次に、飲み合わせが不安という方が多いと思われる鎮痛剤に関してですが、内科や歯科で処方される鎮痛剤の中で、最も利用されていると思われるのが「ロキソニン」です。

鎮痛剤というと、薬効成分が非常に強く、体に負担をかけてしまうというイメージがありますよね?

特に、ロキソニンは痛みに対して非常に良く効くお薬で、安全性の高さから各科で良く利用されています。

確かに、非常に強いお薬で、胃や腸にも負担をかけ易いお薬ではあるのですが、大抵の場合、ロキソニンが処方される際には胃腸薬も処方されています。

ですから、体への負担はそれ程気に留める必要はありません。

そして、本題であるトリキュラーとの飲み合わせに関してですが、これも成分的に全く問題はありませんのでご安心下さい。

医師からの説明不足や、自身の意思への説明不足などから飲み合わせに関する判断材料が乏しくなるという状況は良くあります。

今回のように必ずしも必要な情報がネット上で見付かるかと言えばそうとも限りませんので、医師と薬についての相談をする場合には、必ず「判らない事を判らないままにしない」という点に注意して下さいね。

また、後になって気付いた事があった場合にも、早期に医師へ相談するか、専門知識のある方に尋ねるようにしましょう。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ