トリキュラーとルナベルの特徴を知る

経口避妊薬「トリキュラー」と「ルナベル」について。

所謂“低用量ピル”と呼ばれるこれ等の薬品は、基本的な用途として「避妊」を目的に使用される物ですが、必ずしもそれだけとは限りません。

どのピルがどういった適応症を持っているのか事前に知っておくのも重要な事ではないかと思われます。

また、トリキュラー、ルナベル、マーベロン、アンジェのように、処方する医師によって何を目的に薬を選んでいるのか、それを判別する情報が少ない場合(医師の説明不足)にもこの知識は役立つ物と思われます。

トリキュラーを始めとする経口避妊薬には、それぞれ特徴があります。

■トリキュラーの感想を確認する>>

飽くまでも避妊薬の一種ですが、含まれるホルモン量によって体内のホルモン量をコントロールする事がその使用目的であり、避妊のみに適応している訳ではないという点を先ず理解しておいて下さい。

例えば、トリキュラーの場合、不正出血が起こり難く、体内ホルモンのサイクルコントロールを容易に行なえるという特徴があり、副作用が少なく、安定して長期服用が出来る為、人気が高く、大抵の婦人科で取り扱っているピルです。

対して、ルナベルの場合、経口避妊薬と同じ成分を含有していますが、その比率や含有量が異なり、月経困難症に対する保険治療薬として認可されたお薬で、強力ではありませんが、非常に副作用が少なく、長期維持治療に適したピルです。

このように、ホルモン含有量の違いで効果も異なってくるのが経口避妊薬の特徴で、基本的には同種の物でありながら適応症が変化します。

体内のホルモンは少量の増減で体に大きな影響を与える物ですから、こういった薬品によってホルモン量をコントロールし、避妊効果や生理を軽くするといった効果を得る事が出来るようになります。

そして、ここからが本題です。

トリキュラーが非常に多くの病院で利用されているというお話しは前述した通りなのですが、何かしらの理由で病院を変える事になってしまったり、薬が適合しなかった為に副作用が強く出てしまい、使用するピルを別の物に変更せざるを得ない状況に陥ったとします。

この時、大抵の方がどのように服用すれば良いのか混乱してしまうそうです。

ここで重要なのは、慌てず、良く考える事です。

既に使用中のシート(トリキュラー)を途中破棄し、体を休薬状態に持ち込んで出血を起させ、そこから次のシート(ルナベルなど、別の低用量ピル)を開始する、といった必要はありません。

使用中のシートを使い切り、休薬期に入ってから一度目の出血があり次第、次のお薬を開始するだけで良いです。

ただし、13錠目以前の服用で休薬期に入った場合には、休薬中の生理初日から次のピルの服用を開始する必要があり、14錠目以降であれば、生理初日から次のピルの服用を開始する必要はありません。

理由は、14錠目以降の場合、避妊効果が持続するからです。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ