トリキュラーの成分について解説

トリキュラーは自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量を低く抑えた、段階型三相性の低用量ピルです。

段階型三相性とは、段階を追って成分が変わっていくパッケージングの薬だということです。

国内向けの「トリキュラー」と全く同じ成分のピルです。

トリキュラーは、主に排卵を抑え、子宮内膜変化による着床を抑え、頸管粘膜変化により精子通過を阻害して、避妊効果を維持できる医薬品です。

■トリキュラーの感想を確認する>>

トリキュラーは、卵胞ホルモン 配合量は21日間同一なのですが、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の配合量が6日→5日→10日と3段階に多くなっていきます。

トリキュラーは、前半に不要の黄体ホルモンを極力少なくして自然のホルモン分泌パターンと真似ることで、高い避妊効果を維持しつつ一周期あたりのホルモン総含有量を低減させる働きを持っているのです。

トリキュラーは日本では広く普及している低用量ピルで、信頼できる医薬品といえるでしょう。

トリキュラーにはツータイプあります。トリキュラー21とトリキュラー28です。

トリキュラー21とトリキュラー28は同じ成分量の医薬品になります。

トリキュラー28の7錠は、飲み忘れ防止のための偽薬となっています。

この偽薬は、薬の服用を習慣化させるためのものです。

休止期間にも飲み続けることで確実にトリキュラーを服用し続けることが出来るように、忘れないようにするためのものです。

ですから、有効成分は、トリキュラー21もトリキュラー28もいずれも同じとなります。

トリキュラーは1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って服用します。

赤6錠、白5錠、黄色10錠の順に21日間連続で服用して、その後は7日間休薬するか偽薬を服用します。

休薬期間の7日間を合わせ合計28日間を1周期として、出血が終わっているか続いているかにかかわらず29日目から次の周期の錠剤の服用をはじめるのです。

トリキュラーを服用の際は、医師の指示通り服用するようにしましょう。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ