トリキュラーの添付文書を確認する

現代の医学では、任意のタイミングで妊娠・出産を行なう事が難しくありません。

医学の発展と共に避妊技術も進化を続けており、現在では大衆レベルで簡単に避妊処置を行なえるようになりました。

避妊の目的自体は様々で、妊娠回数や時期をコントロールする為に行なわれるのが一般的であり、良く知られる“ピル”という単語も「経口避妊薬」という意味合いで使われる事が多く、最もポピュラーな避妊法の一つとされています。

最近話題となっている傾向避妊薬の一つに『トリキュラー』というピルがあります。

このトリキュラーは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合剤で、排卵抑制作用を主とする三相性低用量経口避妊薬です。

■トリキュラーの感想を確認する>>

避妊機序は、上記した通り排卵の抑制。

その他、子宮内膜変化による着床阻害や子宮頚管粘液変化による精子通過阻害などが挙げられます。

添付文書に記されている通り、トリキュラーには注意すべき副作用や飲み合わせがあります。

副作用として一般的なのは、頭痛や悪心、乳房緊満感や吐き気、下腹部痛などが挙げられます。

最も危険な副作用は「血栓症」とあり、個々に予防対策が必要と思われます。(食事による血栓症の予防など)

飲み合わせに関しては、大衆薬に置いてトリキュラーに影響を与える物は無いとの事です。

しかし、テトラサイクリン系抗生物質とペニシリン系抗生物質には注意して下さい。

上記二種は病院などから処方され易く、トリキュラーの成分に強い影響を与えます。

また、飲み合わせとは別に注意しなければならない食物があります。

余り知られていないそうですが、かんきつ類の果物でグレープフルーツがそうです。

グレープフルーツに含まれる成分がピルの薬効を阻害し、血中ホルモン濃度が二倍以上に膨れ上がり、副作用が強く現れる場合があるそうです。

トリキュラーを含める傾向避妊薬を服用する際には、これらの注意事項に細心の注意を払い、用法用量を守って正しく使用するよう心掛けて下さい。

また、もし副作用などが強く現れてしまう場合には、医師に相談するなどして早期に対処するよう注意しましょう。


商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ